60歳の平均年収と貯金状況

貯金100万円への道のり > 平均年収と貯金 > 60歳の平均年収と貯金状況

60歳の平均年収と貯金状況

●60歳年金

 

年金の受給開始年齢が、満60歳です。今では年金は一番早いタイミングであれば60歳から年金を受け取ることが出来ます。 

 

20歳から60歳まで国民年金に加入した方は60歳で保険料を納め終わり、年金の支給は65歳から始まります。

 

厚生年金保険の加入期間が12か月以上ある方については、60歳から64歳まで「特別支給の老齢厚生年金」を受け取ることができます。

 

ちなみに、60歳から年金を受け取るためには、公的年金制度への加入が原則25年以上必要です。

 

自分がいったいいくら年金を受け取れるのかという額面については重要な問題です、働きながら年金を受け取る場合や、夫婦の場合の計算といった、それぞれの条件によって受け取ることのできる金額が変ってきますので、インターネットや電話、または、最寄の社会保険事務所への相談窓口などに、60歳になる前に詳細をお聞きになるとよいですね。

 

ご存知の方もあるかもしれませんが、以前、事業者や役所で、本人名前の読み方を間違った為、支払った年金積立金が不明になっていたことがあります。

 

その時には、該当の方が調査を依頼して、無事解決したそうです。

60歳になったときに、受け取りの心配、受け取り漏れがないように、早めに、ご自身で支払った金額に間違いが無いかどうか確かめることが肝心ですね。

 

以下年金相談に関するホームページや電話番号です。

60歳の節目がくるまえに、年金状況の確認をなさってみてはいかがでしょうか?

 

・日本年金機構ホームページ:

http://www.nenkin.go.jp/

国民年金・厚生年金保険制度についての解説、手続き案内。

 

・電話年金相談:

「年金ダイヤル」0570-05-1165 (ナビダイヤル)

 050で始まる電話の場合

 03-6700-1165 (一般電話)

 

 

●60歳貯金

 

年齢には無関係だと思いますが、なかなか貯金はできません。

おそらく意識をしなければ、60歳になっても貯金ができている状況をつくることはむずかしいでしょう。

 

常になにかの資金、お金が必要になります(笑)

 

以前NHKのTV番組「おはよう日本」で紹介された家計簿活用術を実践すると、1ヶ月分の生活費を、1年後に浮かせるのだとか。

 

東京在住の26歳の主婦石塚さんは、すでに3,300万の4LDKマンションを購入済で、お金を貯めるのは、そんなに難しくないと仰っていました。

 

1年前は家計簿をつけるのが苦手で、貯金も出来なかったそうですが、このやり方に気がついて、その後上手に記録が出来、貯金(毎月3万+年末8万=40万円)が順調に溜まっているそうです。

1ヶ月の日数を33日で計算すると、1月から11月分で1年間の生活費をまかなう為、12月の生活費約8万(石塚さんの場合)の貯金が出来たそうです。

 

ひと月は30日から31日程ですが、2、3日分の生活費なら、33日分をひと月分に区分けして、まかなえると言う、実践的な方法に感動を覚えました!

 

上記のお話は、貯金に対して、自分で考え、アンテナを張った方ゆえの結果なのだとおもいます。

 

60歳になる前に、貴方は貯金、できそうですか?

私も実践、がんばります!

●60歳還暦

還暦,(かんれき)とは数え年61歳のことを言います。

60年で生まれた年と同じ干支(えと)に還ることから、還暦といわれているそうです。

 

現代では少なくなりましたが、60歳の還暦には、赤い「ちゃんちゃんこ 」や赤い頭巾など、近親者が赤い物を贈るという風習が古くからあります。 赤は魔よけの色とされていた為です。

 

60歳は定年の時期とも重なり、現役世代と高齢世代の境目となる節目の年、新たなる社会生活へのスタートラインとしても位置づけられています。

 

●60歳還暦プレゼント

 

60歳の還暦祝いにプレゼントするのであれば、健康・癒しグッズや食べ物やお酒、他にもケーキや文房具、家電・デジタル家電などが定番のようです。

 

60歳という節目の歳に、いつまでも形の残る美しさを贈りたい、そんな還暦祝いのプレゼントにこだわりたい方には、プリザーブドフラワーがおすすめです。

 

プリザーブドフラワーであれば、気持ちとともに、いつまでも花の姿形も残るため、消えてしまうことがありません。お父様、お母様など大切な方への60歳の還暦祝いに適していると思います。


スポンサーリンク

関連記事

  1. 70歳の平均年収と貯金状況
  2. 60歳の平均年収と貯金状況
  3. 50歳の平均年収と貯金状況
  4. 40歳の平均年収と貯金状況
  5. 30歳の平均年収と貯金状況
  6. 20歳の平均年収と貯金状況
  7. 50代の貯金平均(約1800万円)
  8. 40代の貯金平均(約900万円)
  9. 30代の貯金平均(約700万円)
  10. 20代の貯金平均(約100万円)

スポンサーリンク