貨幣の起源は中国の貝

貯金100万円への道のり > お金の歴史 > 貨幣の起源は中国の貝

貨幣の起源は中国の貝

貨幣の起源は中国の貝

原始時代はたぶん自分で必要なものは自分d作ったものと思う。
たとえば農耕民族だは自分が作った野菜や穀物で生活していたものと推察できる。
それがやがて自分にとって不足するものを自分が所有しているものと交換した。
たとえば米と魚を交換した、これが物々交換の始まりだと思います。
その物々交換の経済が発達してくると、直接的に物と物を交換する前に一定の価値を認める物に交換しておいた。
これが貨幣の起源だと言います。
中国では貝がその役目を担ったのだそうです。
いったん貝に変えておいて、好きな時に貝で物を購入するというスタイルです。
これが貨幣経済の始まりになったそうなんです。
したがって、経済に関する漢字には貝を使った漢字が多いのです。
たとえば「買う」「貸す」「費」「財」「貯める」、このように貝を使った漢字で経済活動を表す漢字が多いことにきずくはずです。
我々にとっては当たり前の貨幣は、このような起源と経済活動のよりよい改善から生まれたものと推察できます。

 


タグ :

スポンサーリンク


スポンサーリンク