所得控除について

貯金100万円への道のり > 所得控除 > 所得控除について

所得控除について

知らないと損する医療所得控除について

増税が叫ばれる中、できることなら、一円でも多く税金を払わないようにしたいと思っている方は多いのでは。
サラリーマンだと、源泉徴収されっぱなしですが、サラリーマンでも適用できる所得控除もいくつかあります。
それらの所得控除については、自らが申告する必要があり、その知識と労力が必要です。
最も申告来て欲しくないサラリーマンには、いちいち役所がすすんで教えることはしませんので、自分で調べる必要があります。
申請方法などは各所轄の税務署にあるので、まずはそれを取りにいくことが第一歩。
最もお手軽なのが医療控除。
所得により最低控除額が違いますが、おおむね10万円を超えた医療費、薬代、コルセットや包帯など外傷における治療器具、お年寄りの紙おむつ、それに医療機関への公共交通費の合計で10万円を超えたものはまるまる所得控除されます。
これら所得税だけでなく住民税にも適用されるので、結構な還付金の額になります。
ただし、バスや鉄道を除き、すべての領収書が必要です。
車でのガソリン代は対象になりませんが、医療機関付近の駐車場の領収書も控除対象になります。
また医療器具は拡大解釈もできるため、その申告時の主張と医師の推薦などによっては、マッサージ機など高額なものでも控除対象になりえる場合もあります。
その一例は社会保険庁などの年金の使い道を例にあげることです。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク