金・ゴールドについて考えよう

貯金100万円への道のり > 【投資】金・ゴールド > 金・ゴールドについて考えよう

金・ゴールドについて考えよう

金・ゴールドについて考えよう

金・ゴールドは貴金属の一種です。
個人が一般に売買できる商品としては、プラチナに次いで単価が高価です。
投資として金売買を行うには金を扱う商品会社や証券会社などに依頼して行います。
電話やインターネットで注文できます。
通常、金を買っただけでは手元に金は届かず、引き出す事により送られてきます。
引き出すまでは、会社側で保管しています。
店頭でも買うことができ、その場合は持ち帰る事ができます。
金を買っても利息は付きません。
その変わりに、金相場に応じて重量あたりの単価が日々変動していますので、安い時に買って高い時に売れば利益が出ます。
この点で、純粋なキャピタルゲイン投資と言えます。
金投資としては、今の価格で金そのものを買う現物取引と、将来にある決まった値段で買う権利を売買する先物取引があります。
先物取引はあくまで「権利」の売買なので、金そのものは実際には売買されません。
現物売買の一形態として、金をちょっとずつ買い増ししていく純金積立などがあります。
一定量に達したら引き出す事もできます。
また、1年ごとに金貨を買うものもあります。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク