株式投資とは

貯金100万円への道のり > 【投資】株式投資 > 株式投資とは

株式投資とは

株式投資とは

株式投資には、株を買ってから売るまでの期間に応じて、長期投資、中期投資、デイトレードなどがあります。
長期投資は株自体の値上がり益であるキャピタルゲインを狙うものや、配当益であるインカムゲインを狙うものがあり、投資期間は数ヶ月から数年に及びます。
中期投資は、主にキャピタルゲインを狙うもので、数ヶ月から数日の間しか株を保有しません。
スイングトレードとも呼びます。
また、配当や株主優待を得るために、数日間だけ保有する事もあります。
デイトレードは1日の間に売買する取引です。
投資と言うより、投機にあたります。
株式市場は一日の内に数時間しか開いていませんが、市場が閉じている間も不慮の事故などで株価が暴落する事があり、デイトレードではこれを避ける狙いもあります。
実際に株式売買の注文を行う人をトレーダーと呼び、証券会社などで顧客の注文に応じて売買を行うトレーダーや、自分の考えに基づいて売買するトレーダーがいます。
また、大量売買を行う機関投資家と、個人で売買する個人投資家と呼んでいます。
証券会社や公的機関などが機関投資家に含まれます。

 


スポンサーリンク

関連記事

  1. 「100万円いろんな種類の貯め方」
  2. 株式投資とは

スポンサーリンク