銀行マンについての印象

貯金100万円への道のり > 【貯金】銀行 > 銀行マンについての印象

銀行マンについての印象

銀行マンについての印象というと

日本国は、資本主義社会体制のもとで運営されている国家でありまして、その根幹である企業の経済活動を支えているのが、金融機関でありまして、その金融機関の一つである、銀行に努めているのが、銀行マンという職業です。
私たち一般市民が知っている銀行というのは、稼いだお金を預けて、そして、その預けたお金の金利を受け取る場所というイメージが強いわけですけれども、金融機関としての銀行は、そうした預金を保管する機関としてだけ存在するのではなく、企業に融資をして、その融資額以上に金利などが収入となって還ってくることを見込んでいる機関でもあるわけなのです。
そうしたことを踏まえたうえで、私がいだいている、銀行マンの印象というのは、いつでもパリッとしたスーツを着て、鍵の付いた黒いアタッシュケースをしっかりと自転車にくくりつけて、融資先回りをしているという印象です。
都市部の金融機関だと、自転車で顧客回りをしている姿をよく見かけるわけなのです。

 


スポンサーリンク

関連記事

  1. 『使えば貯まる!楽天ポイントが貯まる銀行!』
  2. 「100万円いろんな種類の貯め方」
  3. 銀行マンについての印象

スポンサーリンク